風邪とフジロック

先週末は風邪のため寝込んでいた。仕事が立て込んでくると「あぁ風邪引いて逃げてぇ」なんてことを頻繁に思うが,体調を崩してみるとマジで健康体が尊くなるので人間上手く出来てるもんだ。しかし大学卒業後地元に帰ってきてからはよく風邪を引く。幼少期から季節の変わり目には必ずと言っていい程熱を出していたんだけど,この北海道という土地の気候が肌に合っていないのか。かといって内地の夏を乗り切るタフさは持ち合わせていないってんだから困ったもんですね。
怪我の功名ではないけど,寝込んでいる間に久しぶりに「レオン」を見返してナタリー・ポートマンの素晴らしき可憐さを再認識できたのは良かった。あれマジでかわいすぎませんか。マドンナとかチャップリンの物真似するシーンなんか特に最高。

Netflixに加入してから2ヶ月程経ったけど,いつでも好きなタイミングで映画を観られるという環境は良い。「火花」が来週からNHKで始まるみたいだけど,Netflixやhuluみたいなオンデマンドサービスで自製するオリジナルコンテンツの質がどんどん上がってくれば地上波にとってはなかなか脅威かと。上手く手を取り合ってお互いの強みを生かしていく体制になれば良いけど果たして。

 

2/10(金)

午前中,仕事しながらツイッター見てたらフジロックの第一弾ラインナップ発表の報が。

f:id:s_u_9231:20170212011454j:plain

何すかこれ!!どこのボナルーですか!?どこのレディングですか!?と心の中で叫んだインディーファンは僕以外にも大勢いたであろう。いやはや本当に近年稀に見る良質なアクトですよこれは。ビョークはこのタイミングでなぜ?という感じだけど,Aphex TwinLCD,LORDE,QOTSA,The xx,Father John Misty,Samphaって主要どころだけでもうお腹いっぱい。後は個人的にRhyeをバンドセットで見れるのがたまらなく楽しみ。陽が落ちた後のホワイトでBonoboとRhyeのこの曲も聞きたい。


Bonobo : Break Apart (feat. Rhye)

これだけのメンツなゆえ,今年は禁断の金曜・月曜有給というカードも視野に入ってきました。あと,今回の第一弾発表のポスターデザインが海外を意識しているという指摘についてはその通りだと。ポップアート基調+ステージ別(っぽい)のアーティスト表記は過去のポスターとは一線を画しているし,外需も取り込もうというスマッシュの逞しい商魂を感じる。このまま突っ走って欲しいなぁ。後はHiphop系でAnderson.Paak,Kevin Abstract辺りとか,Mac DemarcoとかMy Morning Jacketなんかを是非苗場で見たいっす。今年も楽しみだ。

 

2/11(土)

シアターキノにてドランの最新作「たかが世界の終わり」を鑑賞。うーん,かなり期待してたけど正直レア・セドゥが良いだけの映画だったなぁ。家族だけど他人,決して分かり合えないけど許容し合うみたいなところが肝だったんだろうけどイマイチ入り込めず。劇中の曲の使い方は相変わらず圧倒的なセンスでしたが(Grimesが流れてきて超アガった)。主人公とコミュ障な兄嫁との関係性も曖昧なままだったし,なんかこうもっと複雑に絡み合う仕立てだと良かったのに。個人的にはMommyの方が刺さったし良かった。何だか消化不良なので明日も映画見るか。帰りに久々に食べたかすそばは相変わらずキレ味抜群で旨かった。